ローンが残っている自動車を廃車にする場合

自動車ローンが残っている自動車を廃車にしたい場合、自動車ローンとひと言でいっても借り入れ先が銀行や農協からのローンなのか、クレジット会社等のローンなのかで対応が異なります。
銀行や農協などからお金を借りてローンを組んだ場合、購入時には現金一括(または振り込み)で販売会社に支払っているはずです。
したがって車検証の所有者の名義はユーザーの名前となっているので、この場合は廃車に関して何も問題はありません。
あるとすれば廃車にしてなくなってしまった車の残債を廃車後も払い続けていくことくらいです。
(購入資金の借り入れ先が、販売店の提携するローン会社の場合は、所有者の名義がローン会社で、使用者がユーザーとなっています。
車を販売店のローンで買った場合、車検証の所有者欄に販売店の名前が記載されます。
返済が終わるまではこの状態です。
)そして運輸支局に変更登録を申請する必要があります。
必要な書類は、申請書、車検証、販売店(または信販会社)の印鑑の捺印ほか、所有者の印鑑、委任状(所有者が運輸支局まで同行できない場合)です。
このケースでは、車を買取ってもらう時と同じ様に、ローンを一括返済して所有者をユーザーの名前に名義変更してから廃車手続きを行うというのが、分かりやすい順序です。
ただし、この名義変更手続きと廃車手続きは同時に行えます。
ユーザーはローンの一括返済をした後、廃車手続きに伴う必要書類のほかに下記の書類を用意する必要があります。
旧所有者(ローン会社)から新所有者への譲渡証明書・旧所有者(ローン会社)から新所有者)への委任状・旧所有者(ローン会社)の印鑑証明書・新所有者の印鑑証明書・新所有者の住民票等です。
こういった手続きには多少の時間がかかり、自動車重量税の還付の関係で急ぐ(例えばなるべく月末までには廃車手続きを完了させたいなど)場合は、ローン会社の協力が不可欠です。
まずは、ローン会社に廃車したい旨を伝え、その後のスケジュールに関して相談するようにしましょう。